全社員が経営に関わる「全員経営」の共創

株式会社NTMC

<東日本営業所>〒108-0073 東京都港区三田3-3-8 サンフィールド11 ビル7階
<西日本営業所>〒520-0054 滋賀県大津市逢坂1丁目1-1 プエルタ大津202号

経営者向けコラム005

2020年9月18日(金)

前回のコラムでは企業経営で重要な要素として3つの要素を紹介しました。私は経営力というのは図に示すように3つの要素から成り立っているのではないかと考えてきました。

今回はこの中の経営理念についてお話しいたします。

.1.経営理念

会社を構成するのは人であります。それぞれの会社はある目的に向かって活動しています。しかし、その会社に集まった人たちは、生まれも育ちも違い、また仕事に対する考え方もそれぞればらばらだともいえます。

それではなかなか組織としての総合力は上がりません。また良い成果も出ないのです。そのため経営者は,会社の進む方向や考え方の基本を示して経営理念として掲げているのです。現在では中小企業も含めて、ほとんどすべての会社が経営理念を掲げておられます。

ですから経営理念は、会社の創業の理念とか経営方針を基本にして短い言葉でまとめておられます。そして、額に入れて社長室や会議室に飾っておられます。特にこの経営理念は言葉だけでなく実際の仕事に結びつけて考えることが重要なのですが、社員の人達の実務にはなかなか結び付かないため、その真の意味を社員に浸透させていくのは大変難しいことであります。

会社の経営理念を実現するためには、この言葉だけでは実際の仕事に役立てていくのは難しいのです。そのため経営理念実現に一歩でも、近づけることができるようにそれぞれの仕事の局面の考え方を示す文章を考え理念手帳などを作成して社員の人達に配布して学んでもらう努力をしておられる会社も多くなりました。

私が以前勤めておりました京セラの例です。稲盛名誉会長は、創業間もない頃に、若手社員の反乱にあって、会社の経営理念を大きく変えました。それが、『全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること』という京セラグループの経営理念です。そして、それを達成することが「会社の目的」であるとされました。

この経営理念は会社の方針、目的ですけれども、これは社員のモチベーションに非常に重要な関係があります。この会社は何を目指しているのかということに、入社するときに賛同できるかどうかが大事です。ですから、経営理念はよく考えて作成することが大切です。

以前、稲盛さんにお聞きした話ですが経営理念を変えたことによって、京セラは発展できた。もし当初の『稲盛和夫の技術を世に問う会社』のままだったら、今日の京セラにはなれなかっただろうと話をしておられます。また、経営理念を補完するものとして、社員の日々の行動指針や考え方についての教えとして京セラフィロソフィ手帳も発刊されました。これが社員教育の基本となっています。

ピーター・ドラッカー氏は「『我々の事業は何か』を問うことは、トップマネジメントの第一の責任である。企業目的が十分に検討されていないことが、おそらく、企業の挫折や失敗の最大の原因である」と書いています。

この言葉からも経営理念の重要性は理解していただけると思います。

 レポートを無料でお届けします!

◆下記の語句は、株式会社NTMCの 登録商標です。
全員経営」           「 社内協力対価」          「社内支援対価」          「社内サービス対価」        「差引収益」「部門別連結管理会計」 「社内売買」
「一人時収入」「一人時経費」
「一人時付加価値」
「全員で稼ぐ部門別採算」      「全員で稼ぐニューチームマネジメント」全12件

代表略歴・ごあいさつ

森田直行

略歴

  • 1967年 京都セラミック株式会社(現・京セラ株式会社)入社
  • 1995年 同社代表取締役専務
    京セラコミュニケーションシステム株式会社設立 代表取締役社長
  • 2010年 日本航空株式会社 副社長執行役員
  • 2015年 株式会社NTMC代表取締役社長

コンサルタント募集中

お客様企業への「全員経営」導入・運用を支援する仕事です。
実務経験2年以上の方を求めます。
(勤務地:東京/滋賀)